まさに“星の数”ほど存在する通販サイト。そんな通販サイトのなかにあって、近ごろ輝きを放っているのが日本初のファクトリーブランド専門の通販サイト「Factelier(ファクトリエ)」だ。「世界が認める日本の工場(ファクトリー)が生み出す、常識を覆す美しい意匠の作品を、ダイレクトに届けます」をキャッチフレーズとし、2012年10月に開設。その後、順調に売り上げを伸ばし、2014年は2013年と比べて売り上げが300%以上伸びる見込みという。近ごろは女性ファッション誌での露出も増え、さらに注目を集めている。
 Factelierを運営するライフスタイルアクセント代表の山田敏夫氏は、「ものづくりからしかブランドは生まれない」と話す。そんな山田氏に、Factelierや日本のものづくりについて話を聞いた。

山田敏夫(やまだとしお)
1982年熊本生まれ。1917年創業の老舗婦人服店マルタ號の息子として、日本製の上質で豊かな色合いのメイドインジャパン製品に囲まれて育つ。2012年1月、ライフスタイルアクセントを設立。年間訪れるものづくりの現場は100を超える
[画像のクリックで拡大表示]
日本初のファクトリーブランド専門の通販サイト「Factelier(ファクトリエ)」