選択範囲を作ることで、その内側もしくは外側だけに効果を与えられることを、前回の連載で解説しました。今回は、前回の矩形選択と楕円選択より難易度は上がりますが、操作法を覚えることで切り抜きなどが容易にできる「自由選択」を取り上げたいと思います。切り抜き作業と同時に、これまで扱ってこなかった「レイヤー」についても解説します。レイヤーを扱うことで画像合成ができるようになり、より一層GIMPを扱うことの楽しさが増すはずです。

Before
旅先で撮った写真。青空をきれいに写せたが、ちょっと物足りない
[画像のクリックで拡大表示]
After
空の部分に雲の出ている別の写真を合成した。空に表情がでて、ドラマチックに演出できた
[画像のクリックで拡大表示]