「IEEEマイルストーン」の記念銘板を受け取るシャープ代表取締役社長 高橋興三氏。左はIEEE次期会長ハワード・ミケル氏
[画像のクリックで拡大表示]

 1988年にシャープが発売した「テレビ用14型TFT液晶ディスプレイ」が、「IEEEマイルストーン」に認定された。

 IEEEマイルストーンは、米電気電子学会(IEEE)が電気、電子、情報、通信分野において、開発から25年以上経過し、産業の発展などに多大な貢献を果たした技術を称える表彰制度だ。

 今回認定されたシャープのテレビ用14型TFT液晶ディスプレイは、TFT液晶ディスプレイが、ブラウン管テレビに匹敵する画面サイズとフルカラーの高画質表示を実現できることを実証。これを契機として、各社がTFT液晶の技術開発と生産設備への投資を加速させ、1990年代前半には薄型で低消費電力のTFT液晶を採用したカラーノートパソコンの需要が飛躍的に拡大。その後、パソコン用モニター、液晶テレビ、スマートフォンなど、TFT液晶を採用した製品が次々と創出され、液晶産業を半導体に次ぐ規模のエレクトロニクス産業に発展させるきっかけとなった点が認められた。

※IEEE:アイトリプルイー
正式名称は、The Institute of Electrical and Electronics Engineers。米国に本部を持つ世界最大の電気・電子技術者による非営利団体組織(学会)。世界中で42万人以上におよぶ会員を擁しており、コンピューター、電子、通信などの分野において、技術面から指導的な役割を担っている。

液晶産業の発展の礎となったと認定

シャープ代表取締役社長 高橋興三氏
[画像のクリックで拡大表示]
IEEEマイルストーンの贈呈式
[画像のクリックで拡大表示]
テレビ用14インチTFT液晶ディスプレイ(1988年)
[画像のクリックで拡大表示]

 シャープの技術がIEEEマイルストーンの認定を受けたのは、2005年認定の「電卓の先駆的開発」、2010年認定の「太陽電池の商業化および産業化」に続いて3回目。同一の個人、団体で3件の認定を受けるのは国内ではシャープが初めてだという。

 同社の高橋興三社長(※)は、「テレビ用14型TFT液晶ディスプレイは、ディスプレイの歴史を変え、液晶産業の発展の礎となる、まさにマイルストーンと言える。創業者である早川徳次の『人に真似されるものをつくれ』というチャレンジ精神を受け継いできたことが評価されたと考えている。これからも、お客様一人ひとりに“good life”を提供できるようイノベーションを生み出せる会社であり続けたい」とコメントした。

 また、IEEEの次期会長であるハワード・ミケル氏は、「シャープのテレビ用14型TFT液晶ディスプレイに、IEEEマイルストーンを認定できることを光栄に思う。この開発がすべてを変えた。これは、技術の進歩に勤しんだ多くの技術者たちの努力の賜物(たまもの)であり、長年にわたる技術革新の積み重ねによるものである」と称えた。

 現存するテレビ用14型TFT液晶ディスプレイは、ドイツ・ミュンヘンのドイツ博物館に展示されている1台だけだという。

2005年に電卓の先駆的開発がIEEEに認定
[画像のクリックで拡大表示]
シャープの太陽電池の商業化および産業化は同社2度目のIEEE認定
[画像のクリックで拡大表示]
ドイツ博物館はドイツ南部、バイエルン州の州都ミュンヘンにある世界屈指の自然・科学・技術に関するミュージアム
[画像のクリックで拡大表示]
展示施設はミュンヘン市内に3カ所あり、本館だけでも総展示品目は約1万8000点以上とされる
[画像のクリックで拡大表示]
ドイツ博物館内に展示されるシャープのテレビ用14型TFT液晶ディスプレイ
[画像のクリックで拡大表示]
展示には1990年のエドワード・ライン財団テクノロジー賞を受賞したとの説明も
[画像のクリックで拡大表示]