何かとイベントの多い4月、そしてゴールデンウイークと、春は写真を撮影する機会が多い。写真撮影はもっぱらスマートフォンやタブレットという人も増えている。スマートフォンやタブレットで撮影した写真をTwitterやFacebookなどのSNSにアップするのはとても手軽で便利なのに対し、テレビで見たいとなるとこれが結構面倒だ。シャープのAQUOSシリーズなら同社製のスマホ「AQUOS PHONEシリーズ」で撮影した写真などを指先一つでテレビに表示……なんてこともできるが、使える機種の組み合わせが限られてしまう。

 そこで今回は、初心者向けに設計されたトレンドマイクロの「ジュエリーボックス」を紹介しよう。これを使えば、スマートフォンやタブレットで撮影した画像を保存し、テレビで楽しむことができる。

 ジュエリーボックスはトレンドマイクロが2013年7月に発売したフォトストレージで、実勢価格1万5310円。ブラックとホワイトの2色をラインアップしている。

トレンドマイクロが2013年7月に発売したフォトストレージ「ジュエリーボックス」(実勢価格1万5310円)
[画像のクリックで拡大表示]

 本体はWi-Fiに対応しており、内蔵の16GBストレージにスマートフォンやタブレットで撮影した写真を取り込むことができる。取り込んだ写真を付属のHDMIケーブルでテレビに出力して、大画面で見るという流れだ。

 内蔵ストレージは約16GBと決して多くはないが、取り込む際に1枚当たり約350KB程度に変換されるため、本体内に約4万枚の写真を保存できるという。本体上部にはUSB端子とSDカードスロットを搭載しており、デジカメ本体やSDカードからの画像取り込みも可能だ。

碁石のようなデザインの「ジュエリーボックス」本体
[画像のクリックで拡大表示]
上部のフタを開けるとUSB端子とSDカードスロットが出てくる
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに、トレンドマイクロ独自のクラウドフォトストレージサービス「おもいでバックアップサービス」(月額457円+税、初年度は無料)」とも連携し、ストレージ内の写真を丸ごとバックアップできるという。

 では、さっそくジュエリーボックスの使い勝手を試してみよう。