クローニン家には、2年前から柴犬がいます。飼いはじめた頃はお散歩中などに……

通りすがりの人(通): 「わー、かわいいねー。で、これなんて犬??」

 と聞かれるのがお決まりでした。その度に

クローニン真木(ク): 「えーっと、『シバイヌ』といって、ジャパニーズ・ドッグの一種で……」

通: 「え、ジャパニーズってことは、じゃあ『アキータ』(秋田犬はアメリカでも知名度は高い)を小さくしたやつ?」

ク: 「……ちょっと(っていうか、かなり)違います」

通: 「へー、初めて見るわ」

 という会話が続くのでした。でも、昨年あたりからは

 「あ、シィバイヌゥだ!(アクセントは『イ』のところ)」

 と、柴犬のことを知っている人が増えてきたような気がします。そして特に若い世代の人々の間で、柴犬の人気が広まっているのです。その理由はインターネット・ミーム(最近では、フォトショップ加工されたり、キャプションを付けられたりすることで、色んなバリエーションになってネット上に拡散される画像や動画などのこと)にあります。昨年、とある滑稽な表情をした柴犬の画像を使ったミームが大人気となり、瞬く間にソーシャルメディア・サイトを中心に広がりました。このミームは“The Doge”(オリジナル)というネーミングが付けられており、検索するとすぐにその柴犬の画像が出てくるはずです。

これが、元祖“The Doge”のミーム。この柴犬の正体は日本にお住まいの「かぼすちゃん」なんだとか
[画像のクリックで拡大表示]
“The Doge”人気に便乗したミームの数々。これらは“Shiba (Shibeというミススペルで表記されることもある) Confessions”とも呼ばれます
[画像のクリックで拡大表示]