今回のお題は、キヤノンの高画質コンパクトデジカメ「PowerShot G1 X Mark II」だ。2012年3月発売の「PowerShot G1 X」に寄せられた不満の声をもとに、レンズの明るさや広角撮影性能、接写性能などを大幅に改良。このクラスの製品のなかでは頭ひとつ抜けたスペックにまとめられている。落合カメラマンは、当初あまり興味を持っていなかったが、いざ試用してみると予想外の撮影性能に驚かされ、思わず衝動買いしてしまったという。

 キヤノンの「PowerShot G」シリーズに代表される「デカいコンデジ」の存在には、ずーっと懐疑的な思いを抱いてきている私である。飛び抜けて堅牢だったり防水だったりするがゆえに相応のサイズになっているコンパクトデジカメに文句をいったことはないけれど、現代の「デカいコンデジ」に対しては、明るいレンズを搭載していることを考慮してもなお、冷たい目線を送ってきているのだ。「キミのようなカメラはだねぇ、要するにだな、存在意義が不明瞭なんだよ~」なんてことをスネ夫みたいな甲高い声でつぶやきながら。

 マイクロフォーサーズの存在感が増してからは、その思いはより強固なものになっていた。そして、ソニーRX100シリーズのような「コンデジの名に恥じぬコンパクトさと、コンデジらしからぬ超高画質を両立するモデル」の誕生が、そんな一種エキセントリックな信念に裏付けを与えることに。少なくと、個人的にはそう思っていたのである。

 コンデジ黎明期に散見できた「デカいコンデジ」は、存在感が明白だった。ナニはトモアレ「デカいヤツは小さいヤツより明らかに画質が良い」という線引きが可能だったからだ。逆の見方をすると、「デカいコンデジじゃなきゃ満足できる仕上がりが得られなかった」時代でもある。ニコンのクールピクス5000とか欲しかったもんなぁ。いま見ると、ちょっと萎えるスタイルだったりするけど(笑)。

 でも、いまは違う。ボディーのサイズが画質を正しく連想させる時代は終わった。そんなワケで、私はキヤノン「PowerShot G1 X Mark II」(以下、G1 X Mark II)に対しても、正直「別にいらねーんじゃね?」なんて思っていたクチだ。初代G1 Xとの比較で劇的に良くなっているのは事実ながら、話を聞いている限りそこがググッとくることもなかった。「当然の進化」ばかりに見えたことに加え、そもそも先代に惚れていたわけでもなく…。

キヤノンが3月中旬に発売した「PowerShot G1 X Mark II」。キヤノンの「マークII」らしく、従来モデルからボディー構造やレンズユニットなど 大半のパーツを一新する「ほぼフルモデルチェンジ」となった。店頭実勢価格は7万3000円前後
[画像のクリックで拡大表示]