前回、パソコンが壊れたという話を書きました。確かに、あれからしばらく電源すら入らず、まったく救いのない状況が続きました。しかし、です。新しいパソコン、Windows 8マシンを買ってきてデータも無事復旧したというのに、この壊れていたマシンが突然、何事もなかったかのように動き始めたんですよね……。いままでさんざん振り回されたことがまるでウソのように、安定して平常運転。安堵はしたものの、かなり疲れました。

 以前使っていたSurfaceは欲しい方に譲ってしまいましたし、起動しなくなった原因が分からないので、またいつ壊れるか分からない。安全のため、先日買ったWindows 8マシンは予備機にすることにして、しばらくは2台を併用することにしました。

 しかし、Windows 8っていくら長く使っても馴染みませんね。起動とシャットダウンが速くなったのは大歓迎ですが、そのままだとどうにも使いにくい。でも、Windows 7搭載のパソコンはメーカーがダイレクトで扱っている通販などでは入手可能ですが、その日に欲しい!と近所の家電量販店を訪ねても売っていないのです。

 そこで、Windows 8や8.1のパソコンを“Windows 7ライク”に使う方法と、わたしが実践しているフォルダの作り方をまとめてみました。

「メトロ」と呼ばれるWindows 8のスタート画面。従来のWindowsに慣れている私にはとっつきにくい
[画像のクリックで拡大表示]