四半期ベースのタブレット出荷台数が初めて200万台を突破

[画像のクリックで拡大表示]

 タブレットの売れ行きが加速している。

 IT専門調査会社のIDCジャパンが発表した国内タブレット端末市場動向調査によると、2013年第4四半期(10~12月)のタブレット端末の出荷台数は、前年同期比21.5%増の223万台となり、四半期ベースで初めて200万台を突破した。

 この要因として、アップルのiPadシリーズの出荷が好調だったこと、NTTドコモ向けの4G回線付きAndroid端末の販売が安定して推移していることに加え、日本マイクロソフトのWindowsタブレットの出荷が急拡大したことが挙げられるという。

 また、2013年(2013年1月~12月)の年間出荷台数は、前年比67.2%増の743万台を記録。個人向けタブレットでハイエンド端末の出荷が増加したこと、法人向けでは年間を通してiPadの買い替え需要とWi-Fi対応の新規需要が堅調だったことが背景にある。

2013年は1位アップル、2位ASUS、3位に日本マイクロソフト

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 年間のベンダー別シェアでは、アップルが43.8%のシェアを獲得し、1位の座を維持。2位は、グーグルの「Nexus」シリーズを出荷しているASUSで17.1%を獲得。また、3位は、個人および法人市場に対して「Surface」で攻勢に出た日本マイクロソフトで6.0%。続いて、「Kindle」を展開するアマゾンが5.8%、「Xperia Tab」を投入するソニーが5.4%のシェアとなった。

 年間シェアではベスト5に入らなかったが、第4四半期では、4G回線付きAndroid搭載タブレットで販売を伸ばした富士通や、Windows搭載8型タブレットが販売好調なレノボが躍進している。

 IDCジャパンによると、「2014年上半期にNTTドコモがiPadの販売を開始すると見でおり、iPadの占有率が上昇する可能性が高い。また、教育分野でのタブレット需要が拡大していく」と予測している。

[画像のクリックで拡大表示]