九州に面白い航空会社がある。その名は「天草エアライン」。熊本県と天草の2市1町、民間が出資する第三セクターとして1998年に設立。天草空港(熊本県天草市)を拠点に天草―福岡を1日3往復、天草―熊本を1日1往復、熊本―大阪(伊丹)を1日1往復運航している。

 定期便を運航する航空会社としては珍しく、保有機はなんと小型機1機のみ! カナダ・ボンバルディア社のDHC-8-103型機で、座席数は39席しかない。

天草エアラインの保有機はなんと小型機1機のみ。カナダ・ボンバルディア社のDHC-8-103型機で、座席数は39 席
[画像のクリックで拡大表示]

 そんな保有機が1機しかない天草エアラインが全フライトを1日乗り続ける「1日親子イルカ号パラダイス運賃」(以下:パラダイス運賃)を発売して話題を集めている。ルートは天草→福岡→天草→熊本→伊丹→熊本→天草→福岡→天草→福岡→天草の10区間で1万5000円と意外に安い。さらに福岡発の場合は8区間(最初と最後の区間以外の全便)で1万円とさらに安くなる。福岡からの8区間運賃では1区間あたり1250円という安さで、参考までに普通運賃で購入した場合、10区間で12万5800円、8区間で10万200円となる。

 このパラダイス運賃はその名の通り、「パラダイス山元の飛行機の乗り方」著者のパラダイス山元氏(マンボミュージシャン、グリーンランド国際サンタクロース協会公認サンタクロース)と天草エアラインのコラボレーションによるもの。パラダイス山元氏は、かつてANAの国内線プレミアムクラスに1年間乗り放題となる「プレミアムパス」を使って年間1022回搭乗した人物。こうした体験を気軽にトライしてもらいたいと企画したのがパラダイス運賃というわけだ。

 飛行機好きにはたまらない企画で、2014年1月から平日限定でスタート。すでに200人以上の予約が入っているという。筆者も2月中旬にチャレンジした。