今回のテーマ:ジェットエンジンも自動車のエンジンも、燃料を燃やした熱エネルギーを飛行機や自動車を動かす力に変えている点は同じだ。2つのエンジンで相違はいろいろあるけれど、自動車のエンジンは燃料を断続的に爆発させているのに対し、ジェットエンジンは高圧でずっと燃やし続けているのが違う。

 現代の旅客機はほとんどがジェット機だ。プロペラ機もあることはあるけれど、ターボプロップというジェットエンジンを使ってプロペラを回すタイプ。車とおなじレシプロエンジンを使っているのは、数人乗りの小型飛行機などに限られてきた。

 ジェットエンジンとレシプロエンジンの違いはいろいろあるが、爆発しているかしていないかが違うともいえるだろう。レシプロエンジンは、ガソリンや灯油が爆発する力を利用してピストンを押し下げ、それを回転運動に変えてタイヤやプロペラに伝えている。ところがジェットエンジンは、燃料の灯油(ケロシン)をずっとボーッと燃やしているだけ。爆発はしないで、燃えているだけなのだ。

ジェットエンジンのカットモデル。羽根のついた円盤が何列も並んでいる。左の方から空気を吸い込んで、圧縮し、燃料を吹き込んで燃やし、燃焼ガスは右側から出てゆく
[画像のクリックで拡大表示]

 共通していることもある。空気を圧縮して、燃料を投入して燃やし、そのエネルギーを取り出しているという一連の流れだ。レシプロエンジンの場合にはピストンが上に動くことで空気を圧縮し、爆発ガスがピストンを押し下げてエネルギーを取り出している。ジェットエンジンの場合には単純化して書くと、空気を圧縮する部分と燃料を燃やす部分だけがあればいい。エンジンから後ろにゴーッと吹き出す高速のジェットの反動で機体が押される力、これで飛行機が前進するエネルギーを得ている。

 ジェットエンジンがどうやって空気を圧縮しているかというと、タービンという羽根がたくさん生えた円盤を何列も並べたものを回して、空気を無理やり狭い場所へと詰め込むことで圧力を上げている。当然ながら、このタービンは何かを使って回す必要があるのだけれど、そのためにボーッと燃えている燃焼ガスの出口にもタービンを配置する。燃焼部の後ろ側のタービンは、燃焼ガスが当たると風を受けた風車のように回転する。その回転を、前方の圧縮用のタービン列に伝えて、また空気を圧縮するというわけ。