今回のテーマ:防空識別圏とは、領空の外側に設けられた仮想のエリアのこと。地上のレーダーや、レーダーを搭載した早期警戒機などで24時間、常に監視されていて、不明機が侵入した場合には、航空機による緊急発進、いわゆるスクランブルなどの対応措置がとられる。

 2013年11月23日、中国は東シナ海に防空識別圏を設定したことを発表した。日本が実効支配する尖閣諸島を含んでいたことから大きな問題となったのだが、ところでこの防空識別圏(Air Defense Identification Zone:ADIZ)とは一体何だろうか。

 まず、防空識別圏は自国の主権が及ぶ「領空」でも「領海」でもないし、また200海里経済水域とも全く関係ないということを押さえておく必要がある。防空識別圏とはその国が国土防衛を目的に、その範囲に入ってくる航空機を監視するために設定する領域だ。「ここを飛行して領土に接近してくる航空機は監視対象になりますよ」と宣言した空域なのである。

韓国の防空識別圏は北朝鮮の上空まで伸びている?

 防空識別圏に国際法の裏付けはない。つまり強制力はない。だからその機能は監視のみだ。「見てますよ」というだけなのだ。それゆえ防空識別圏は、公海上であっても設定できる。それどころか他国領土上に設定されることすらある。たとえば韓国の防空識別圏は北朝鮮上空まで及んでいる。他国の防空識別圏であっても、そこが公海上ならば自国の航空機はその範囲内を自由に飛行できる。

 ところが、中国は防空識別圏を設定すると同時に、そこを航行する航空機に飛行計画の事前届け出を求めるとした。具体的には民間航空機の中国路線が対象になる。さらには、この指示に従わない航空機に対しては「軍が防御的緊急措置を行う」とまで発言した。こうなると、今回中国が設定した防空識別圏には単に「そこを飛ぶ航空機を監視する領域」というだけにとどまらず、領空のような意味を持つことになる。