望月製紙「羽美翔」
皇室献上品トイレットロール(ペーパー)。柔らかさに優れた最高級のパルプを使った逸品だ。天上人、ウン上人気分が味わえる?【蝶】3ロール入り5000円、【天】8ロール入り1万円
望月製紙:http://www.fuwafuwa-roll.com/products/hanebisho.html
[画像のクリックで拡大表示]

素材も水も最高級
皇室に5年間献上

 断言する。「羽美翔(はねびしょう)」を一度使えば、あなたの人生はきっと変わるに違いない。少し長くなるが、ぜひとも聞いてほしい。

 羽美翔は、かの坂本龍馬の故郷、高知県は土佐市で4代にわたり製紙業を営む老舗・望月製紙の製品である。

 土佐の和紙職人がつくった羽美翔は100種類以上もあるパルプの中から、特に柔らかさに優れた最高級品を採用し、上質な紙づくりに欠かせない水は、透明度日本一に輝いた仁淀川の水を使用。厳選した天然素材と同社独自の「超柔軟製法」でつくり上げた逸品なのだ。

 超柔軟製法では、職人が日々変わる気温や湿度に合わせて、機械に微調整を加え、柔らかさを追求し、1日たりとも同じ製造方法の日がないという。また素材が非常に柔らかいため、「ホットケーキ製法」と呼ぶ、乾燥工程の紙送りのスピードを通常より格段にゆっくりにし、丁寧に温度調節して処理しているので、大量生産ができない。皇室に5年間献上したという実績もさもありなんだ。