宮崎にある新田原基地の第301飛行隊の創設40周年を記念して青色と金色に記念塗装されたF-4EJ戦闘機。暗い色の塗装なので太陽光が当たらないと真っ黒になってしまうが、太陽の位置を考えて撮影場所を決めたので、十分な光が当たり、細かな文字も読めるほどはっきりと撮影できた

記事へ戻る(ページを閉じる)

エアショーでの撮影、まずはどこで撮影すれば機体をとらえられるか、事前にじっくり検討する必要がある。多くのエアショーでは、航空機は基本的に滑走路の上空を、滑走路に平行なコースで飛ぶので、太陽の方向を確認して順光で撮影できる位置を選ぶ。