マイナーチェンジされたトヨタの「SAI」が2013年8月29日に発売された。2009年に「才」と「彩(いろどり)」をコンセプトとして開発されたSAIだが、今回のマイナーチェンジで外装、内装を一新し、JC08モード走行燃費も22.4km/Lの低燃費をうたう。まるでフルモデルチェンジのようなSAI、小沢コージのインプレッションは?

【コンセプト】クルマに「シンプルな高級」はない?

トヨタ「SAI」
[画像のクリックで拡大表示]

 「家電や装飾品の世界には、シンプル=先進、シンプル=高級というのがありますよね。スマートフォンやテレビのように。SAIを最初に出したときには、クルマにも絶対そういう時代が来ると思っていたんですが、どうやら来ませんでしたね(苦笑)」というのは新型「SAI」のチーフエンジニア、加藤亨氏。

 SAIは2009年に発表された、レクサス「HS」のトヨタ版的なハイブリッド専用車で、今回はマイナーチェンジということになっている。

 だが、改良内容はフルモデルチェンジ? というほど力が入っており、特に見た目は「なにこれ別のクルマ?」というほど変わった。最大のポイントはフロントマスクで、、前はプリウスの延長線上だったが樹脂部分は一新され、ライト回りは世界的にも珍しい超横長LEDタイプになった。リアも同様に様変わりしており、肝心の中身もモード燃費が1.4km/L上がって22.4km/Lに。

 しかし、問題はそういうことではない。基本的にかつてこのクルマは小沢にとってもとらえにくく、見えにくかったというのが事実だった。才能の「才」、彩りの「彩」から取った「SAI」というネーミングもいまひとつピンとこなかったし、全長4.6m台のボディーサイズも今やコンパクトとミディアムの中間的。それでいて300万円台前半スタートと安くなく、オザワは漠然と“高級版プリウス”としか思っていなかったのだ。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]