以前から話題になっていた“吉野家500円ピザ店”が2013年10月4日、ついにオープン。吉野家ホールディングス傘下でたこ焼きチェーンなどを運営するピーターパンコモコが手がける「ピッツァ ナポレターノ カフェ」がそれだ。

 場所は東京・杉並の東京メトロ新高円寺駅前。外観に吉野家の面影は全くなく、イタリアの街角にありそうなカジュアルなレストランの趣き。ただ入り口にある「500円」の看板が目を引く。

 店に入ると、入り口にピザを焼く大きな窯があり、内装はところどころに長年使い込んだような加工が施されたおしゃれなカフェ風の雰囲気だ。

「ピッツァ ナポレターノ カフェ 新高円寺店」:住所/東京都杉並区梅里2-1-19、営業時間/11‐23時
[画像のクリックで拡大表示]
場所は地下鉄・東京メトロ新高円寺駅出口の目の前
[画像のクリックで拡大表示]
外から窯でピザを焼いている様子が見える
[画像のクリックで拡大表示]
内装はところどころに長年使い込んだような加工が施されているのが特徴。イタリアの街角に昔からあるカジュアルなカフェをイメージしているという。広さは16坪で席数は24(カウンター6席、テーブル18席)
[画像のクリックで拡大表示]