Wi-Fiと無線LANの違いは?

 「Wi-Fi(ワイファイと読む)」という言葉を聞いたり見かけたりしたことはないだろうか。しばしば「無線LAN」と「Wi-Fi」は混同されがちだが、厳密には意味が異なる。

 無線LANを構築するための機器が市場に出始めた1990年代前半には、異なるメーカーの機器同士が接続できないケースもあった。どの製品を購入すれば互いに接続できるのかが分かりづらく、便利なのに無線LANはなかなか普及しなかった。

 そこで、Wi-Fi Alliance(1999年の設立当初の団体名はWECA:Wireless Ethernet Compatibility Alliance)という団体が、製品が無線LANの標準規格である「IEEE802.11シリーズ」に接続できるかどうかをテストし、接続できると保証できる製品に「Wi-Fi」というブランド名を付けてもいいことにした。これがWi-Fi認証だ。

Wi-Fiロゴ。Wi-Fi Allianceから認定された機器は、このロゴを使用できる

 Wi-Fiは「Wireless Fidelity」の略、直訳すると「無線の忠実度」で、直訳すると「高品質な無線通信が可能である」といった感じだろうか。この結果、Wi-Fi対応の製品を選べば相互につながるので、安心して無線LANを使えるようになったのだ。

 現在では、市販の無線LAN機器のほとんどがWi-Fi認証を得ているため、無線LANを「Wi-Fi」と呼ぶことが多くなってきた。技術的な話を必要としない日常生活では、無線LANとWi-Fiはほぼ同義であると考えて問題はない。