前回の「ミラーレス一眼の売れ筋、軽さ+Wi-Fiの『PEN E-P5』がトップ――ヨドバシに聞く」に引き続き、今回はデジタル一眼レフカメラの売れ筋を、ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaの一眼ビデカメツーリストチーム・荒川千絵氏に聞いた。売れ筋ランキングは下記の通りだ。価格は、シリーズ内でもっとも人気のあるレンズキットのものを示している。

●デジタル一眼レフカメラの売れ筋ランキング
1位 EOS 70D(ボディー) キヤノン 12万9800円(ポイント10%)
APS-Cサイズ(約22.5×15mm)のCMOSセンサーを備えるモデルで、有効画素は約2020万。測距点は19点。連写は最高7コマ/秒となる。サイズと重量はW139×D78.5×H104.3mm/約675g。
2位 EOS Kiss X7(ダブルズームキット) キヤノン 9万9800円(ポイント10%)
APS-Cサイズ(約22.3×14.9mm)のCMOSセンサーを持つ入門機で、有効画素は1800万となる。測距点は9点あり、連写は最高5コマ/秒。サイズと重量はW116.8×D69.4×H90.7mm/約370gだ。
3位 D5200(ダブルズームキット) ニコン 9万4800円(ポイント10%)
有効画素2410万のニコンDXフォーマット(23.5×15.6mm)CMOSセンサーを持つ入門機。39点測距AFを備え、連写は最高5コマ/秒。サイズと重量はW129×D78×H98mm/約505gとなる。
4位 α58 SLT-A58(ダブルズームレンズキット) ソニー 8万4700円(ポイント10%)
APS-Cサイズ(23.2×15.4mm)のCMOSセンサーを備える有効画素2010万の入門機で、最高8コマ/秒の連写が可能。測距点は15点。サイズと重量はW128.6×D77.7×H95.5mm/約492gとなる。
5位 PENTAX K-50(18-135WRキット) リコーイメージング 11万4800円(ポイント10%)
防塵防滴の入門機。有効約1628万画素で、APS-C相当(23.7×15.7mm)のCMOSセンサーを備える。測距点は11点。連写は最高6コマ/秒だ。サイズと重量はW129×D70×H96.5mm/約590g。

 主要メーカーの入門機が上位に並ぶなか、8月28日の取材時には発売直前だったキヤノンの中級機「EOS 70D」がトップだった。EOS 70Dは発売前から注目を集めており、多数の予約注文を受けていたという。2位以降のモデルは春から夏に登場して安定した人気を獲得しているパターンが多いが、3位の「D5200」は昨年12月からロングヒットを継続中だ。それぞれの人気の理由を次のページから追っていこう。

※参考…同店のミラーレス一眼カメラの売れ筋ランキング
1位 OLYMPUS PEN E-P5(17mm F1.8レンズキット) オリンパスイメージング 12万5200円(ポイント10%)
2位 OLYMPUS PEN Lite E-PL6(ダブルズームキット) オリンパスイメージング 7万5600円(ポイント10%)
3位 α NEX-5R(NEX-5RL パワーズームレンズキット) ソニー 5万3600円(ポイント10%)
4位 X-M1(ダブルズームキット) 富士フイルム 9万6800円(ポイント10%)
5位 PENTAX Q7(ダブルズームキット) リコーイメージング 6万5800円(ポイント10%)
ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba 3階にあるデジタル一眼コーナー。試し撮り用のオブジェや、店頭スタッフによる作例を張り付けたパネルが多数置かれている
[画像のクリックで拡大表示]

※掲載している価格とポイントは、2013年8月28日14:30時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。