Surface Proの使いこなしにUSBハブは必須アイテム

 もうひとつは、USBハブを使って、使い慣れたキーボードをSurface Proにつなぐ方法です。SurfaceにはUSBポートがひとつしかありません。パソコンとしてSurfaceを使っていると、手持ちのUSB機器をあれこれつなげてみたくなりますよ。4ポートに拡張できるUSBハブは1000円程度で買えますし、この際、ひとつくらい買っておいて損はないと思います。

 ちなみに、わたしはエレコムさんのこのUSBハブを愛用しています。USBmicroBとUSB Aの変換アダプタがついているので、パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレットにも使えるという一品。この商品、価格は1890円と普通のUSBハブより少々値段が高いですが、スマートフォンとも接続できるなど、その分よく働いてくれるので助かっています。

 今後、おそらくBluetooth対応のキーボードは続々と発売されることでしょう。なので、もう少し様子をみたい、という方はUSBハブを利用して自分の理想通りのBluetoothキーボードの登場を待つのも一手だと思います。

 これで準備が整ったので、次回はSurface Proを使い倒すソフトウェアのレシピについて書きます。

エレコム スマートフォン用USBハブ[バスパワー専用](U2HS-MB02-4Bシリーズ)
[画像のクリックで拡大表示]
エレコム スマートフォン用USBハブ[バスパワー専用](U2HS-MB02-4Bシリーズ)差し込み口にUSBmicroB←→USB A変換アダプタがついている
[画像のクリックで拡大表示]

便利! パソコンでもスマホでも使える、USB A&USBmicroB兼用のハブ


 スマートフォンやタブレットで使うには、その端末にUSBホスト機能が備わっている必要があります。USBホスト機能とは、接続されたUSB機器を制御するための機能のこと。端末の仕様を見れば、対応しているかどうかがわかります。

 GALAXYシリーズは2から対応しています。普段からUSBメモリーを挿してデータを取り込んだり、キーボードをつなげて長文を入力したり。とても便利に利用しています。
「GALAXY S3」にUSBハブを装着して、使い慣れたキーボードやマウスで操作
[画像のクリックで拡大表示]
花岡 貴子(はなおか たかこ)
デジタルレシピ研究家、文筆業
花岡貴子

 スマホやタブレットなどデジタルガジェット達を組み合わせて、デジタルを優しく便利に使いこなす“デジタルレシピ”を日々研究している。コスパ重視。近著に「Evernoteを使いたおす方法 「いつか使うかも」を入れておく備忘録」「Skype完全活用術」など。AFP(2級ファイナンシャル・プランニング技能士)。公式ブログ「ねぇブロ」