学校のプール授業で着る「スクール水着」は、地域によって“自由化”が進んでいる。ブランドやデザインなどを定める学校指定がなくなり、市販品から条件に合うものを各自で選ぶ、というものだ。こうした自由化の波に対応し、学校用水泳用品の大手メーカー・フットマークは、“かわいく隠す”ヒラヒラのスカートが付いたワンピース型スクール水着を新発売。レジャープールやリゾートなどで着用する水着として、「オトナの女性にもおすすめしたい」(担当者)と意気込む。

 オトナの女性にも最適なポイントは、色は無地の紺または黒で控えめ、しかもワンピース水着なのでビキニと違ってお腹の肉を見られずに済むという点。さらに、腰まわりには適度な量のヒラヒラのスカートが付いて、見た目もかわいい。無地のワンピース水着とはいえ、いわゆる地味路線とは一線を画すデザインになっている。シンプルで清楚、似合えば美しい……。彼女にいかが?

「無地の紺・黒ならなんでも可」の自由市場に向けた斬新なスクール水着

 スクール水着は、地域によっては10年ほど前から“自由化”の傾向が進んでいる。「この水着」と定める学校指定がなくなり、例えば「無地の紺か黒ならなんでも可」といった最低条件に合う水着を、量販店などの市販品から各自が選ぶというものだ。「体操着が校章入りでなくても無地のTシャツなら可」というのと同じ流れである。

 こうした“自由化”の波に乗り、学校用水泳用品でトップシェアを誇るフットマークが「挑戦の意味合いで個人を狙う」(広報室・吉河祐子さん)という新商品が、今回注目する「ダブルフレアスカートワンピース」。ネット通販部門のオリジナル開発製品で、今年4月より同社のネットショップ「うきうき屋」などで販売を始めた。予想以上の反響を呼び、S・Mサイズを中心に売れ行きは上々という。

「レジャー水着のようなかわいらしさを学校用の水着で表現した」というフットマークの新商品、「ダブルフレアスカートワンピース」。2013年4月よりネット限定で販売。価格は5250~6825円
[画像のクリックで拡大表示]
背面です
[画像のクリックで拡大表示]