“手が届きやすいEIZO”こと「FORIS FS2333」もヒット

 4位に入ったのは、EIZOの23型モデル「FORIS FS2333」だ。映像やデザインのプロからも支持される高級ブランドながら、このモデルはコンシューマー向けにデザインされており、ブランド内でもコストパフォーマンスが高い。「3万円ちょっとでEIZOの液晶ディスプレイが買えるということで、人気があります。ハードウェアはプロ向けには及びませんが、ソフトの調整などで映像処理のノウハウが反映されており、実際の評価も高いです」とのことだ。

EIZO「FORIS FS2333」
[画像のクリックで拡大表示]

 同率5位のうちの1つが、ベンキュージャパンの21.5型モデル「GW2250HM」。IPSパネルより安価なVAパネルを採用するモデルながら、スピーカー付きのフルHDモデルで1万3980円という割安感から好調に売れているそうだ。「すでに後継モデル『GW2255』が1万7800円で登場していますが、新モデルはスピーカー非搭載になっているので、GW2250WHを選ぶ人は今も多いです」という。ただし、在庫は少なくなっている。

ベンキュージャパン「GW2250HM」
[画像のクリックで拡大表示]

 もう1つの5位は、LGエレクトロニクス・ジャパンの21.5型モデル「22EA53VQ-P」だ。こちらも1万5000円を切る安価なモデルながら、IPSパネルを採用しているのがポイント。スピーカーは非搭載ながら、割安感から選ぶ人が多いという。

LGエレクトロニクス・ジャパン「22EA53VQ-P」
[画像のクリックで拡大表示]