「ルクエ ノンスピル」2100円、直径270mm×高さ40mm、カラーはクリア、レッド、ライム、ローズの4色。プラチナシリコン製、耐熱温度220℃・耐冷温度マイナス30℃、対応鍋サイズは直径18cm~25cm
[画像のクリックで拡大表示]

  「スチームケース」で知られるルクエ社(スペイン・バルセロナ)の吹きこぼれ防止フタ「ノンスピル」が人気だ。日本では2013年1月初旬からデパート・大手雑貨店・量販店などの店頭に並び、2月にテレビ番組で紹介されると人気が沸騰。売り切れ店が続出し、供給が間に合わず、一時は欠品状態になっていた。その後、順調に売り上げを伸ばし、5月20日現在で当初の販売計画を上回る1万3000個を超えるヒットとなっている。

 使い方は簡単。パスタなど麺類や米、サトイモ、牛乳など、吹きこぼれやすい食材を調理する際、鍋に載せておくだけでOK。火加減の調節は必要だが、それ以外は鍋に張り付いている必要もない。差し水も不要なのでゆでる温度が下がらず、調理時間も短縮できる。麺のゆで加減を見るときに調整口から麺を引っ張り出せて、フタを取らなくてすむ。「沸騰すると4つの細長い調整口から泡が出てきますが、それらが自然に回流して鍋の中に戻る仕組みで、不思議な構造だと驚く人も多いです」(ルクエ社・日本総輸入代理店・コラムジャパン広報担当)。

 また、吹きこぼれ防止フタはほかにもあるが、シンプルで手入れが簡単、デザインが洗練されていることなども、人気の理由のようだ。個人ブログには「麺を大量にゆでるときにすごく便利」「直径が27cmで小さな鍋から比較的大きな鍋まで対応する点がいい」「キッチンに映える」などの記述もある。

 コラムジャパンには現在もメディア各社からの取材依頼が続いていて、今後ますますヒットしそうだ。

(文/志水京子)