ビジネスパーソンの多くは、「スマートに名刺を管理したい!」と思っていることだろう。名刺は管理を怠ると、あっという間に増えてしまう。ずぼらな筆者も名刺管理は苦手なことの一つで、これまで専用ファイルケースに整理したり、デジタル化してみたりと、様々な名刺の整理方法を試してきた。しかし結果は、いずれも失敗。途中で挫折してしまった。今でも、机の上には未整理の名刺が山のように積まれている。今回は、この貯まった名刺を一掃すべく、新しい名刺管理方法を試すことにした。

 新しい名刺管理方法とは、iPhone向けアプリの「Cardful」(カードフル)を使うこと。iPhoneの内蔵カメラで名刺を撮影するだけで、名刺に記述されている氏名や会社名、役職、郵便番号に住所、電話番号、メールアドレスなどを読み取ってデータベース化。さらに名刺データを、クラウドサービスの「Evernote」に保存するというアプリだ。

 ここまでは従来の名刺管理アプリと変わりないが、Cardfulは一つ、他にない大きな特徴がある。それは“Evernoteとの同期機能”だ。従来のアプリはEvernoteへの一方通行(保存のみ)だったが、CardfulはEvernote上で編集した内容をアプリ側へ取り込めるようになった。双方向でデータを同期できるのだ。

 Evernote上にアップロードした名刺データを、わざわざパソコンで再編集するなんて面倒……と思われるかもしれない。しかし名刺上に印刷された文字をテキストとして読み取るOCR機能には、ミスがつきもの。一つや二つの誤識別ならいざしらず、読み取りミスが増えれば修正に手間がかかる。誤認識の修正はスマートフォン上よりも、パソコン上でできた方がラクだろうと考え、Cardfulを導入してみようと思ったわけだ。さて、実力はいかほどか。早速テストしてみよう。

Evernote連携機能が注目の名刺管理アプリ「Cardful」(カードフル)。セットアップ時に、Evernoteのユーザーアカウントでサインインする
[画像のクリックで拡大表示]
Cardfulのアプリは無料だが、月10枚までの登録枚数の制限を解除するにはアドオン(170円、2013年6月30日までのセール価格)の購入が必要
[画像のクリックで拡大表示]