タブレットは、インターネットに接続しなければ、満足して使えない。とはいえ、携帯電話回線を内蔵するタブレットは、毎月の利用料金が掛かるので負担が大きい。手軽に使いたいなら、Wi-Fiで接続するタイプのモデルを購入するのがお勧めだ。iPadやiPad miniでは、Wi-Fiモデルが用意されている。人気のNexus 7もWi-Fiで利用することになる。NTTドコモやソフトバンク、auなどで購入し、月々の料金を支払う契約をしないタブレットは、原則としてWi-Fiモデルだと考えてよいだろう。

 通信回線を契約するモデルを購入した方も、解約してしまえば、Wi-Fiモデルと同様に月額料金を支払わずに使えるが、いわゆる2年縛りなどがあるので、それで本当にお得か否かを確認したい。

 Wi-Fiモデルのタブレットでも、外出先でインターネットを使いたいところだ。そこでお薦めするのがスマホのテザリングだ。最近はiPhoneを始め、多くのアンドロイドスマートフォンがテザリングに対応している。スマホの携帯電話回線を利用して、タブレットをインターネットに接続できる便利な機能だ。スマホさえ持っていれば、いつでもどこでもタブレットがインターネットにつながるのだ。

 スマホが使い放題の料金体系なら、費用もほぼ気にならないだろう(契約による)。ただし、LTEでは、データ通信量に上限が設けられているので、ストリーミングビデオなどは、公衆無線LANを使うなどうまく使い分けるとよい。

 今回は、テザリングの基本的な使い方から、便利なツールまでをまとめて紹介する。なお、テザリングの利用には申し込みが必要なケースが多いので、使い始めるまえに携帯電話事業者に連絡をして、料金と併せて確認しておきたい。インターネットなどで調べることも可能だが、最初にきちんと確認した方が無難だ。

iPhoneでの設定

 iPhoneでテザリングを利用するのは簡単だが、メニューではテザリングではなく「インターネット共有」という名前になっているので迷わないように。

 設定でインターネット共有をオンにし、パスワードを決めれば良い。なお、タブレットの接続に関しては後述する。

 うまく接続できないケースのほとんどがパスワードの入力ミスだ。最初は間違えないように簡単なパスワードで試してみて、うまくいったら人に使わないように考えれば良いだろう。

 テザリングのパスワードは、自分が利用している周囲の人が間違ってつないでしまうことを防ぐ為にあると考えれば良い。一度接続しておけば、ほとんどの場合に次からは自動でつながるので、まずは自宅でじっくり試してみよう。

「設定」をタップする
[画像のクリックで拡大表示]
設定画面の上から4つめの「インターネット共有」をタップする
[画像のクリックで拡大表示]
「インターネット共有」をオンにして、パスワードを入力すれば準備完了
[画像のクリックで拡大表示]
iPhoneではタブレットなどが接続していると、画面上部にこのようなメッセージが表示される
[画像のクリックで拡大表示]