オリンパスイメージング

M.ZUIKO DIGITAL
ED 75-300mm F4.8-6.7 II


レンズマウント:
マイクロフォーサーズマウント

発売日:2013年3月1日

実勢価格:5万2800円

 この連載、これまで焦点距離が35mm判換算で100mm相当を超えるレンズを紹介したことがなかった。なぜか。ズバリ作例を撮るのが大変だからだ(笑)。

 望遠レンズというのは、使う状況が意外に限られる。それだけに、複数枚の作例を用意して組み写真のように作例を見せていくのはなかなか難しい。でも、そこをなんとかするのがプロというものだ。というわけで、やるならトコトン挑戦してみよう!と意気込んでオリンパスさんからこのレンズをお借りした。

 マイクロフォーサーズで75-300mm、35mm判に換算すると実に150-600mmと、もはや望遠を超えて超望遠域に達している。それでありながら、サイズはビールやジュースの350ml缶とほぼ同じで、とてもコンパクトで軽量な設計だ。

OM-D E-M5と組み合わせたところ。超望遠だけにレンズの長さはあるが、各社のデジタル一眼レフ用レンズと比べればかなりコンパクト。600mm相当の超望遠撮影が手持ちでできるメリットは大きい。レンズのカラーはブラックのみで、シルバーモデルは用意されない
[画像のクリックで拡大表示]
600mm相当の強い圧縮効果は、何げない光景をドラマチックに演出してくれる(OM-D E-M5使用、ISO500、1/250秒、F6.7)
[画像のクリックで拡大表示]
街角のごく一部分だけを切り取ることで絵を作れるのも、超望遠の醍醐味だ(OM-D E-M5使用、ISO640、1/250秒、F8)
[画像のクリックで拡大表示]
スカイツリーのてっぺんに飛行機が!?(OM-D E-M5使用、ISO200、1/1250秒、F8)
[画像のクリックで拡大表示]