これまで筆者は、iPhoneで撮影した写真や動画は、iCloud経由でパソコンと同期し、Androidで撮影した写真(主に仕事で使う画面キャプチャー)は、以前紹介した方法(関連記事)でDropboxへ自動転送している。

 しかし写真や動画ファイル以外のものについては、暗中模索の状態だ。iPhoneならiTunesとWi-Fi同期すればいいのだが、利用するアプリによってはケーブル接続が必要なケースもある。Androidも似たり寄ったりだ。そんな状況にある中、気になるニュースが飛び込んできた。「Bump」というスマホ間で互いの連絡先や写真を受け渡せるアプリ(サービス)が、バージョンアップしてパソコンからスマホへもファイル転送ができるようになったという。

 Bumpの魅力は面倒な手続きなしに、サッと使える軽快さ。Bumpの専用サーバーを介してファイルをやり取りするので、両方の端末がインターネットに接続していれば使えるのだ。すでにスマホからパソコンへBumpを経由したファイル転送、“Bump転送”はできていたが、今回のアップデートで、パソコンで作成した文書ファイルはもちろん、管理している楽曲、動画もスマホへ転送できるようになった。

 「いいね! 面白そうだ!」と手放しで喜んだが、次の瞬間「いや、まてよ……」とある危惧が頭をよぎった。Bumpといえば、互いのスマホを持った手と手を軽くぶつけ合い(端末を振動させる)、ファイルをやり取りする端末同士を探し合うのが特徴。加速度センサーを持たないパソコンとは、どんな操作で認識し合うのだろうか?

 ファイルを転送できるといっても、何か制限はないのか? 気になることが次から次に浮かんでくる。PCとスマホ間でファイルを転送する方法として、Bumpはどの程度使えるのか、実際に試すことにした

スマートフォン同士でデータをやり取りする「Bump」。通常は、端末同士を近距離で軽くぶつけ合う(振動させる)“Bump操作”で、互いを検出してファイルを転送する
[画像のクリックで拡大表示]
こちらはWeb版のBump。パソコンとスマホ間でファイルをやり取りするときは、ブラウザーで同サイトを開いて利用する
[画像のクリックで拡大表示]