FacebookやTwitter、Flickr、foursquareへ同時投稿

 EyeEmでは、撮影した写真を「Facebook」「Twitter」「Flickr」「Tumblr」「foursquare」という5つのSNSサービスへ同時に投稿できる。機能的にはInstagramとほぼ同じだ。「SETTINGS」から「Sharing Settings」へ進むと、各サービスとの連携(ログイン)設定画面が表示される。この画面で利用したいサービスごとに「Connect」ボタンを押して、ユーザーIDとパスワードを設定していこう。

 写真を他のSNSにも投稿するには、写真の投稿画面上で連携設定したSNSサービスのアイコンをタップする。灰色のアイコンがカラー(選択状態)に変われば設定はOKだ。投稿すると、選択したSNS上にも写真がシェアされる。もちろんFacebook、Twitter、foursquareなど、複数サービスを同時投稿もできる。一度の作業で主要SNSに投稿できるので、複数のSNSサービスを利用しているユーザーには便利だろう。

アプリをHome画面で左上のメニューアイコンをタップ。現れたメニュー一覧から「SETTINGS」から「Sharing Settings」へ進むと、連携できるSNSサービスが表示。ここから利用するSNSと連携(ユーザーIDとパスワードを登録)する
[画像のクリックで拡大表示]
SNSに写真を同時投稿してみよう。方法は簡単。写真の投稿画面で、TwitterやFacebookなどのアイコンをタップする。設定済みのSNSサービスならタップするだけでアイコンの色が変わり、写真を投稿できる
[画像のクリックで拡大表示]
左はTwitter、右はfoursquareへの投稿(placeで選択した施設にチェックインできる)。SNSサービスを複数使っている人は、1度の操作で投稿できるので重宝する
[画像のクリックで拡大表示]

 個人的な要望をいわせてもらうと、さらなるフィルターやSNSサービスへの連携が充実するとうれしい。特に、最も使っているSNSが、ごく親しい人とだけつながっているPathなので、EyeEmから投稿できるとうれしいのだが、現段階では無理だった(もちろんInstagramからもPathには投稿できない)。隙(すき)のないサービスとはいえないが、Instagramの代わりに使う……ということならEyeEmは合格点。

 今後アプリが日本語に対応すれば、ますます利用者が増えそうだ。スマホ全盛の時代となり、目まぐるしく進化を続けるアプリやSNSサービス。盤石なサービスはないのかもしれない。有望なサービスを見つけたら、率先して導入してみてはいかがだろうか。

原 如宏(はら ゆきひろ)
パソコンから食べ物まで、ジャンルにこだわらず手がけるライター界のなんでも屋。モバイルノート&iPadをカバンに入れ、365日都内のカフェを巡りながら執筆活動を続けている。主な連載はYomiuri Onlineの「トラブル解決Q&A」やフロム・ナウ「ライターHの“デジモノ放談”」など。日経ビジネスオンラインの「渡辺実のぶらり防災・危機管理」の執筆も担当する。Twitterの公式アカウント(@raitanohara)にて、最新のクラウドサービスや機器のテスト状況、さらには記事の後日談などをつぶやき中。