上下左右のスワイプで写真を手軽に加工できる!

 カメラアプリとしての使い勝手も優秀だ。特にフィルターやフレームの割り当て操作が、実に直感的で使いやすい。画面下にあるカメラアプリをタップして撮影画面に切り替えたら、左右のスワイプ操作でフィルターを適用。上下にスワイプすると、今度はフレームが切り替わる。最終的なイメージを作り上げてから、写真をカシャッと撮れるのだ(フィルターとフレームは撮影後でも変更できる)。

 EyeEmとInstagramで大きく違うのは、撮影する写真のアスペクト(縦横)比だろう。Instagramはスクエア(正方形)な写真を撮影するのに特化しているが、EyeEmでは長方形(横長or縦長)な写真が基本。「なんだ、正方形の写真は撮れないのか……」と思われるかもしれないが、ご安心を。EyeEmでは、スクエアな写真に仕上げる「トリミング」機能を用意している。

左右にスワイプすると、フィルターが切り替わる。フィルターは「Boost」や「Kross」など全12種類(Normalを入れて全13種類)
[画像のクリックで拡大表示]
上下にスワイプすると、フレームが切り替わる。こちらも全12種類(Normalを入れて全13種類)用意している
[画像のクリックで拡大表示]