(C) 2013 フジテレビジョン S・D・P 東宝 共同テレビジョン FNS27社 光文社
[画像のクリックで拡大表示]

 竹内結子が初めて刑事役に挑んだことでも話題の人気ドラマが、映画『ストロベリーナイト』としてスクリーンに甦る!

 同作は、卓越したストーリーと息をつかせぬ展開で、ミステリーファンからも評価の高い誉田哲也の人気ミステリー「姫川玲子シリーズ」が原作。2010年11月にスペシャルドラマとして初お目見えし、2012年1月には連続ドラマ化された。

 竹内演じる主人公の姫川玲子は、ノンキャリアながらも27歳で警部補に昇進し、警視庁捜査一課で姫川班を引っぱる才色兼備の女刑事。そのクールなキャラクターと、重厚な世界観やストーリーの奥深さが注目を集め、刑事ドラマとしては難しいとされる女性ファンを獲得。平均視聴率15%を記録した人気作だ。

 誉田による「ストロベリーナイト」シリーズの原作は、昨年11月に発売された「ブルーマーダー」までで全6冊。スペシャルドラマでは「ストロベリーナイト」、連続ドラマでは「シンメトリー」「感染遊戯」「ソウルケイジ」がベースとなっていた。今回の劇場版がベースとしているのは、最高傑作と呼び声の高い「インビジブルレイン」。その名の通り、雨に彩られた作品だ。