昨年は900MHz帯など「プラチナバンド」を巡る争いが起きたり、LTEなど高速通信サービスの提供が本格化したりするなどモバイルインフラを巡り大きな動きが相次いだ

記事へ戻る(ページを閉じる)

昨年は“激動”というべき大きな変化を迎えた日本の携帯電話・モバイル関連業界。今年はどのような変化が起きると考えられるだろうか。インフラ、端末、サービスと、3つの側面から今年の傾向を考察してみよう。