(C) 2012「悪の教典」製作委員会
[画像のクリックで拡大表示]

 こんなことを書くと、それだけで問題視されそうだが、残酷さや背徳さが、ときに非常に心地よく感じられることがある。貴志祐介原作の同名ミステリーを映画化した『悪の教典』は、まさにそう感じさせてくれる作品の1つだ。

 主人公の高校教師・蓮実聖司(はすみ・せいじ)を演じるのは伊藤英明。『海猿』シリーズでは人命救助のエキスパートとして大勢の命を救ってきた彼が、本作では一転、次々と殺りくを繰り返す残虐非道なサイコパス(反社会性人格障害)を演じている。ネットでの評価も賛否両論! いったい、どんな作品に仕上がっているのかを、まずは物語から見てみよう。