こんばんみ!
今回からはエンタ業界にいる「オシゴト女子」たちに
プロフェッショナルの技、知恵、情熱を聞いていきたいと思います。
女性って、強くて、しなやかで、優しくて…でもやっぱり強い!
そして、ボクら男子からすると「お!」という発想を持ってますよね。
そこを、ぜひ聞き出してみたい!
女性読者の皆さんには深ーい共感を、
男性読者の皆さんには「お!」と「ナルホド」を、
味わっていただけたらと思います。

今回は30代半ばから映画プロデューサーになったという
異色の経歴をもつ荒木美也子さん。
いやぁ、映画のオシゴトは、深いなぁ…。

荒木美也子
生年月日:8月22日。出身地:東京都。所属先:アスミック・エース 企画・製作事業本部。代表作:『僕等がいた』(前篇・後篇)、『博士の愛した数式』『重力ピエロ』。ドラマ『大奥~誕生[有功・家光篇]』(TBS系で金曜22時~放送中)と映画『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』(12月22日公開)は壮大な男女逆転『大奥』続編プロジェクトの最終章。お気に入りの場所:マンハッタン・京都・阿嘉島
『大奥~永遠~[有功・家光篇]』(2012年)
よしながふみ原作のコミックの映画化。江戸時代をモデルに「疫病で多くの男が死に絶え、将軍が女に、大奥が男の園だった」という設定で繰り広げられるドラマ。第1作は二宮和也、柴崎コウの主演で200万人を動員する大ヒットとなった。第2作目は堺雅人、菅野美穂らが出演。(12月22日公開/アスミック・エース配給) (C)2012男女逆転『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』製作委員会
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]