2012年9月21日にアップルの「iPhone 5」が発売された。基本ソフト(OS)も「iOS 6」にバージョンアップした。iOS 6というと登場後に、「マップ」の話題で持ちきりになってしまい、正しい評価が定まっていないように思う。まあ、羽田空港の中に「大王製紙」と表示されたり、何もないところに「パチンコガンダム駅」という表示あったり……と、突っ込みどころが満載だったから仕方がない。既に米アップルのティム・クックCEOも品質が十分でないことを認め、App Storeではマップに変わる他社製の地図アプリを紹介している。

これまでiOSでは、標準のマップアプリとして「Googleマップ」を利用していた。最新のiOS 6からは自社製のマップアプリに切り替わった。だが、明らかな誤りが世界中で指摘され、一大騒動となっている
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhone 5を発売日に購入した1人として、このマップ問題だけでiOS 6、さらにiPhone 5に低い評価を下すのは短絡的だ。マップのバージョンアップは、大小200を超える新機能の1つに過ぎない。iOS 6全体を見渡すと、iOS 5より格段に便利になっている。例えば、標準ブラウザー「Safari」に追加された「タブの同期」機能だ。iPhoneとiPad、さらにはMacのSafariブラウザー間で、直前まで開いていたタブ(Webページ)を閲覧できる。あとで読む機能の「リーディングリスト」も、オフライン表示に対応。気になったWebページをリーディングリストに入れておけば、地下鉄でも閲覧できる。細かい点に思うかもしれないが、実用的で便利な機能だ。

 進化したiOS 6の中で、個人的に気に入った機能がある。iCloudの「共有フォトストリーム」だ。フォトストリームは、iOS 5で追加された機能だが、自分で管理している端末間でしか写真を共有できなかった。共有フォトストリームでは、フォトストリームを通じて、自分の写真を友達と簡単に共有できる。これが実に便利だ。

あとで読む機能「リーディングリスト」が進化。Webページをリーディングリストに登録すると、そのWebページのデータが取り込まれる。データ取得中は、下側のメニュー、右から2番目アイコンがリーディングリストのものに変わり、進行状況も表示される (右)
[画像のクリックで拡大表示]
iOS 6のリーディングリストは、オフラインでも閲覧可能。複数ページある本コラムのバックナンバーも一度の作業で取り込めた(上の画面は機内モードにして、前回のコラムの4ページ目を開いたところ)
[画像のクリックで拡大表示]