アップルの「iPhone 5」が対応したことから、国内でそれを販売するau、ソフトバンクモバイルの双方がサービス開始を発表し、注目を集めている高速通信方式のLTE(FDD-LTE)。これを機に、すでにサービスを開始している2社を含め、各社のLTEによるサービス競争が一層激しくなるものと予想される。しかし一方でLTEを取り巻く厄介な問題も浮上している。

auのLTEサービス「4G LTE」

 LTEによるサービスは、すでにNTTドコモが「Xi」の名称で、イー・アクセス(イー・モバイル)が「EMOBILE LTE」の名称で提供を開始している。そこに、新たにauとソフトバンクモバイルがサービスを開始すると発表した。

 auが9月14日に発表したLTEサービスの名称は「4G LTE」で、月額980円の「LTEプラン」と、月額315円の「LTE NET」、さらに月額5985円のパケット定額サービス「LTEフラット」を契約することで利用できる。通信速度は下り最大75Mbpsで、2013年には112.5Mbps、さらに2013年度末には150Mbpsを実現したいとのことだ。だが当面は他社と同様、37.5Mbpsと75Mbpsのエリアが混在する形になるようだ。

 4G LTEは他にもいくつか特徴がある。LTEプランは「プランZ」と同様、21時~翌1時以外のau同士の通話が無料になるほか、月額500円の「au通話定額24」を契約することで、au同士の通話を24時間無料にすることができる。

 そしてもう1つ大きな特徴となるのが、テザリングができることだ。これにより、同サービスに対応するiPhone 5でのテザリングが可能となることから、大きな注目を集めている。ただしNTTドコモとは異なり、月額525円の「テザリングオプション」を契約する必要がある点には注意が必要だ。なおLTEフラットは通信量が7GBを超えた場合は、通信速度が最大128Kbpsに制限され、速度を回復するには2GB毎に月額2625円の「エクストラオプション」を支払う必要があるが、テザリングオプションを契約している場合は容量が500MB追加されるという。

 上記で説明したのが基本料金となる。また、iPhone 5の発売に合わせ、LTEフラットの料金が525円割引となる5460円に、テザリングオプションが無料になる特典を2年間受けられるキャンペーンを実施している。これに「auひかり」やCATVなど提携事業者の固定回線とのセットで割引になる「auスマートバリュー」を適用すると、LTEフラットの月額料金は実質、2年間3980円となる。

auの「4G LTE」は、シンプルな料金体系とiPhone 5でテザリングが可能なことが特徴。来年度末には150Mbpsの通信速度を実現するとしている
[画像のクリックで拡大表示]