ユーザーがモノの魅力や体験談について投稿、その投稿が記事として公開されるコミュニティサイト「300万人編集会議」。数多くある投稿の中から、キラリと光るテーマやコメントを抜粋、紹介する。

 近年、腕時計の利用頻度が少なくなったユーザーは多いだろう。時間を知るだけであれば、携帯電話やスマートフォン(スマホ)を見れば済むようになったのだから、当然の流れだ。

 だが、携帯電話での時間確認は、意外に手間がかかるもの。そのため、時間がパッとわかるアナログ腕時計の再評価も進んでいる。

 日経トレンディのコミュニティサイト、300万人編集会議では、「いまでも『アナログ腕時計』ですか?それとも?」というテーマで投稿を募ったところ、さまざまな人の体験談が集まった。

 スマホ全盛の今、なぜアナログ腕時計を見直すのか。腕時計ユーザーの生の声を紹介する。

(注)記事内は、300万人編集会議のトピックやコメントの一部を掲載。読みやすさに配慮して、発言の一部を抜粋したり、意味を変えない範囲で若干の編集を行った部分があります。
 元発言やすべてのコメントは、300万人編集会議のトピックで閲覧できます。

「チラ見」に便利、デジタルより把握しやすい

「スマホや携帯電話があっても、時計はアナログ腕時計でないと」というユーザーは、何をメリットに感じているのか。

 ひとつは「時間のわかりやすさ」だ。スマートフォンや携帯電話はデジタル数字での表示が多いが、数字を読み解くのに一瞬の間がある。それに対して、アナログ時計では図形で認識でき、一瞬見るだけでも時間を把握しやすいというのだ。


sigさん

 アナログ時計です。自転車に乗ったり、自動車を運転したりするので、チラ見で時間の確認が容易なアナログ腕時計を使っています。
 車のラジオに付いていた時計は、オーディオを入れ替えたら、切り替えがめんどくって使わなくなりました。タイマーやアラーム、カレンダーは携帯電話を利用しています。

sarusaru さん

 携帯電話は持っているのに、時間はアナログ腕時計です。
 どういうわけか、デジタルの数字では時間がピンとくるまでワンクッションあるのです。
 「3:40」を「さんじよんじゅっぷん」と認識するまで、感覚が一回りしているようです。やっぱりアナログ腕時計ですね。

130nezuさん

 アナログ時計ですね。
 デジタル時計は、何時何分と確実に時間はわかるのですが「何時までにあと何分?」「何時何分からどれくらい時間が経った?」という場合に、アナログ時計の方が把握しやすいです。学生時代テストの時につけていく腕時計はアナログでした。
 デジタル時計はスマートな感じがしますが、何となくそっけないですよね。