つい手が伸びてしまう“遊び心のある雑貨”が目白押し

 2階はホビーグッズやパーティーグッズのほか、キャンドルなどのリビング用品やキッチン用品、靴下、スカーフなどのファッション雑貨、バスグッズなどがそろう。そのうち、ホビーグッズやパーティーグッズといった趣味やゲーム関連の商品はかなり多い。背中に付ける大きな天使の羽根やカラフルな日本の提灯、小さな昆虫標本といった“用途不明”だが遊び心満載の商品も見られた。

 「なかには容易に想像つかないようなものもあり、今回仕入れた商品の半数は売れないまま残ってしまうかも。デンマークのコンセプトが日本でどれだけ通用するか見極めたい」と、クラウス社長は打ち明ける。

 たしかに実用性に欠ける商品も多く、買ってみたものの使い方が分からず、そのままになってしまいそうな商品は少なくない。ただ、そういった商品でも、色の楽しさやデザインのユニークさに引かれ、見ているだけで気分が楽しくなってくる。買い物の気分を高揚させ、つい手が出てしまう商品を多数ラインアップし、結果的に買い上げ率のアップにつなげるのがタイガーの狙いのようだ。

 来日したレナートCEOにあえて日本での競合について聞いてみた。「ユニークをコンセプトにしているので、ほかにはないと自負している。フランフランや無印良品とは価格が違うし、100円ショップとはデザイン性が違う。日本市場でも棲み分けができると思う」。

 おしゃれでユニークな北欧デザイン雑貨を激安均一価格で販売、というインパクトをどれだけ訴求できるか。イケアやH&Mとは規模の違いこそあれ、北欧企業のしたたかな戦略に注目したい。

楽しいパーティー用グッズも多い。パーティーグラス300円、付けひげ・付け鼻100円
[画像のクリックで拡大表示]
キッチン用品コーナー。スポンジ・爪楊枝・食器洗いブラシ・霧吹き100円
[画像のクリックで拡大表示]
キッチンタイマー200円
[画像のクリックで拡大表示]
ファッション雑貨コーナー。(左)バンダナ100円、スカーフ300円、(右)ソックス200円、竹の繊維を75%使用したソックスもある
[画像のクリックで拡大表示]
ポップな色柄のフック100円
[画像のクリックで拡大表示]
キャンドルの種類も豊富。キャンドルホルダー100円
[画像のクリックで拡大表示]
人形をモチーフにしたアイテムが目立つ。(左)トランク200円、(右)マトリョーシカのクリップ・ノート100円
[画像のクリックで拡大表示]
ホビーグッズやデコレーションなど実用品以外のアイテムも見逃せない。(左)昆虫の標本100円、(右)ランプ400円
[画像のクリックで拡大表示]
釣りやゴルフができる不思議なトイレマット600円
[画像のクリックで拡大表示]

(文/橋長初代)