日経トレンディのツイッター担当が気になったものを自由気ままに投稿するなんでもありの連載。第6回は、くりくりの目とタラコ唇がキュートな“しゃべるクルマ”の話。世界で初めてラジオのパーソナリティーに就任したクルマ「プチェコ」に会ってきた。

もりもり

 大きな目に、タラコ唇、特技はラップ――。TOKYO FMをはじめとする全国FM36局で放送されている「Honda Smile Mission」の人気キャラクターカー「プチェコ」が“しゃべるクルマ”に進化。同番組のパーソナリティーに就任した。もちろん、しゃべるクルマがラジオパーソナリティになるのは世界初のこと。全国を周ってご当地情報を取材し、番組を通じてレポートする。

 プチェコは、ホンダの「フィット ハイブリッド」をベースに、音声認識機能と発音システム、人工知能を搭載し、人間と会話ができるのが最大の特徴だ。

 声は小さな子供に設定されており、発表会で実際の会話を聞いてみたが、非常に可愛かった。目や唇もしっかりと動き、想像以上に表情が豊かなので見ていて飽きない。「神奈川県で美味しかったものは?」との問いに、「たたみいわしかな」と大人びた回答をしたり、突然「ね~、ね~、お腹すいた」と甘えたり、ついつい笑ってしまった。

 プチェコの魅力は実際に会って体験した方が強く感じられるはずだが、TOKYO FMの番組スペシャルサイトでも“会話”はできる。「あのね プチェコ」ページで質問などを打ち込めば、プチェコが答えてくれるのだ。「好きな食べ物は?」と聞いたところ、「甘いものだよ」と即答。さまざまな甘味処やスイーツの情報も蓄積していた。

 発表会の終盤、「意気込みをお願いします」と話しかけられると、「めっちゃ頑張る」とプチェコ。会話すればするほど学習をしていくとのことなので、今後の進化が楽しみだ。アップルの「Siri」やNTTドコモの「しゃべってコンシェル」などがすでにサービスインしているが、音声エージェント機能は今後さらにいろいろなサービスに取り込まれる可能性が高い。ナイトライダーの「K.I.T.T.(キット)」が誕生する日も近いかもしれない。

発表会には、同番組レギュラーのSHEILAさんも登場。プチェコは今後、全国を周ってご当地情報を紹介していく予定。唇は非常に艶っぽく、柔らかい
「Honda Smile Mission」(放送時間:月曜から金曜日の午前8時10分~8時17分)。番組サイトでプチェコと会話ができる。会話の内容はキャプチャー可能。プチェコのメイキングムービーも公開中

■「HONDA Smile Mission」のスペシャルサイト:「あのね プチェコ」


日経トレンディツイッター担当者プロフィール
もりもり:ランニングと筋トレとスイーツが好きな三十路男。日経トレンディでは主にデジタル記事を担当。日夜、飲み屋や甘味処の“現場巡り”にいそしむ。0歳11カ月の長女を育てるイクメン見習い