ホース・ガーズ・パレード(Horse Guards Parade) (C) London 2012
[画像のクリックで拡大表示]

 ロンドンオリンピック(以下、ロンドン五輪)まで、あと30日を切り、聖火リレーも行程の半分を超えた。

 イギリスは「UEFA ユーロ2012(サッカー欧州選手権)」でひとしきり盛り上がり(残念ながらベスト8敗退となったが……)、6月25日からは毎年恒例のウィンブルドン選手権も始まった。そして、ウィンブルドンが終われば、いよいよロンドン五輪本番だ。そう、今年のイギリスは、つくづくイベント続き。落ち着いているヒマなどない。

 そんな喧騒の中、ようやく競技場も完成しつつある……はず。今回は前々回のオリンピックパーク編、前回のロンドン東部編に続き、「ロンドン中心部の競技場」を紹介する。

 すでに何度が説明してきたが、ロンドン五輪では、競技場として新たに建設されたのは、オリンピックパークにある競技場や、ロンドン郊外にあるリー・バレー・ホワイト・ウォーター・センターとハドレー・ファームなど一部のみだ。残りの会場は、既存のスポーツ施設や公園、イベント会場などを使いまわし、資源の節約、エネルギーの削減などを徹底して行っていることが特徴になっている。

 その会場について、今回もロンドンの地図(参照:英国政府観光庁ホームページ)か地下鉄路線図(参照:Transport for London)を見ながら、読み進めていただきたい。

近衛騎兵隊の本部の中にある「ホース・ガーズ・パレード」

実施競技:ビーチバレー

 セント・ジェームズ・パークの隣にあるのが、近衛騎兵隊の本部「ホース・ガーズ」。「ホース・ガーズ・パレード(Horse Guards Parade)」はそのなかにある広場で、その歴史は1745年にさかのぼる。ここでは毎日近衛騎兵の交替式が行われ、観光スポットとしても人気が高い。なお毎年6月には、女王の公式誕生日の記念式典「トゥルーピング・ザ・カラー」も行われる。

 この広場に、ロンドン五輪のため収容人員1万5000人のビーチバレー用の競技場を用意した。

 5000トンにもおよぶ砂は、英南東部サリーのゴッドストーン採石場から運ばれてきたという。

 アリーナと観覧席は、6月16日の「トゥルーピング・ザ・カラー」の式典後に建設開始。五輪開催後、仮設アリーナは撤去される。

 最寄り駅はチャリングクロス(地下鉄ベイカールーライン、ノーザンライン)、ウェストミンスター(地下鉄ディストリクトライン、サークルライン、ジュビリーライン)、セント・ジェームズ・パーク(地下鉄ディストリクトライン、サークルライン)、ピカデリー・サーカス(地下鉄ピカデリーライン、ベイカールーライン)。