日経トレンディのツイッター担当が気になったものを自由気ままに投稿するなんでもありの連載。第4回は、個人的に好きという理由だけで、またしてもスイーツネタ。東京スカイツリーの近くに7月1日オープン予定のパンケーキカフェ「カフェ・カイラ」を“味見”してきた。

もりもり

 スイーツのあるところにはどこへでも!! ということで、東京スカイツリーのすぐ近くに7月1日オープン予定の「カフェ・カイラ」(東京都墨田区)にふらっと行ってきた。食べたメニューは、「カイラ・オリジナル パンケーキ」のトッピング全部のせ(1700円)。驚いたのはそのボリュームで、パンケーキ3枚にフルーツがたっぷり載った姿に圧倒された。体調は万全。ランチは蕎麦で軽めに。テンションも高い状態をキープ。準備は万端、だったはずが、結果は……。

 そもそもカフェ・カイラは、ハワイで行列のできる人気パンケーキ店で、2011年にはハレアイナ賞ベスト朝食賞の金賞を受賞した、いわば「ハワイで一番おいしい朝食を出すカフェ」。パンケーキ好きとしては、行かずにはいられない店と言える。

 食べてみたところ、まず基本のパンケーキがふわふわでもちもちの食感。個人的には、分厚くてさっくりとした食感のパンケーキが好きだが、このもちもち感はクセになりそう。その上にどっさりと盛られたフルーツの迫力は、圧巻の一言。口に含むと、バナナやブルーベリーの甘みが口いっぱいに広がり、イチゴの酸味が程よく味を引き締め、リンゴのカラメリゼがコクを生み出す。さまざまなフルーツの味をやさしい甘さの生地が包み込むようで、非常に満足感があった。シロップやクリームをトッピングすれば、さらに濃厚な味を楽しめる。

 昼も抜いておけばよかった……。2枚目を食べ終えたあたりから、さすがに満腹気味に。1人では2.5枚が限界だった。「通常は、2~3名くらいでシェアするとちょうどいいですよ」とのことなので、1人で行こうと思っている方は注意が必要だ。

 ちなみに、コーヒーも非常においしいのでオススメ。100%コナコーヒーということで、香りは良く、すっきりとした苦味がパンケーキによく合う。卵を使った料理も看板メニューの一つ。イングリッシュマフィンにベーコンやポーチドエッグを載せて特製ソースをかけた「エッグスベネディクト」や具材が選べるベーグル・サンドウィッチなど、サンド系メニューが豊富なのも魅力だ。

 ドリンクにアルコールがないのは、個人的には残念に感じられたポイント。ワインを飲みながらじっくりとパンケーキを楽しむといった利用の仕方もできたら嬉しいと思った。

 “パンケーキ激戦区”といえば、東京では原宿・表参道が有名。カフェ・カイラと同じくハワイ系の「Eggs 'n Things」に加え、「パンケーキデイズ」「RAINBOW PANCAKE」、この春オープンした「bills」など、パンケーキ店がひしめく。また、「モトヤ.パンケーキ リストランテ」のある横浜の山下公園周辺も、「Eggs 'n Things」の進出でにわかに活気を帯びつつある。カフェ・カイラの上陸により、「スカイツリー周辺」もパンケーキ好きが集うスポットの仲間入りを果たしそうだ。

カイラ・オリジナル パンケーキのトッピング全部のせ(パンケーキ3枚、1700円)。ワッフルやフレンチトーストがベースのメニューもある
オリジナルTシャツを着た店員さん。店内は明るく、やわらかな雰囲気

日経トレンディツイッター担当者プロフィール
もりもり:ランニングと筋トレとスイーツが好きな三十路男。日経トレンディでは主にデジタル記事を担当。日夜、飲み屋や甘味処の“現場巡り”にいそしむ。0歳10カ月の長女を育てるイクメン見習い