ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、家庭用ゲーム機「PlayStation 3(PS3)」用の周辺機器として、ネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne(ナスネ)」を2012年7月19日に発売する。

 500GBのHDDを内蔵するnasneは、PS3に接続すれば、地上デジタルとBSおよび110度CSの衛星デジタル放送の視聴や録画が可能。さらに、ソニーのタブレット端末「Sony Tablet」やソニーモバイルコミュニケーションズのスマートフォン「Xperia」などから、ネットワークを介してnasneにアクセスし、外出先からテレビ番組の録画予約およびコンテンツ管理などもできる。放送中の番組や録画した番組を家庭内で同時に2つの機器で楽しむことも可能だ。

 さらに、ホームネットワーク上に最大4台のnasneを増設できることから、PS3用チューナー「torne」を併用すれば、nasneとの組み合わせで、5番組の同時録画が可能になる。PS3がまさにデジタルレコーダーとしての役割を果たすことになる。

 また、VAIO専用アプリケーション「VAIO TV with nasne」を利用すれば、VAIOでのコンテンツ視聴や管理ができ、すべてのVAIOをテレパソ化できる。さらにVAIOでは、nasneを8台まで接続することが可能で、最大8番組までの同時録画が可能だ。VAIOに搭載された光学ドライブを活用することで、DTCP-IPムーブによるHDDやBDの書き出しにも対応している。

 VAIO TV with nasneは、7月19日のnasneの発売にあわせて、Windows 7を搭載したすべてのVAIOユーザーに無償で提供することになる。

SCEが2012年7月19日に発売するネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne(ナスネ)」。希望小売価格は1万6980円
[画像のクリックで拡大表示]
nasneは最大4台までPS3に接続できる
[画像のクリックで拡大表示]