コンパクトデジカメ春モデルが出そろったが、2012年は今後を占う一つの大きなトレンドが生まれた。それは「Wi-Fi(無線LAN)対応」だ。

 デジカメ本体がWi-Fiアクセスポイントとなり、スマートフォンやタブレットから直接アクセスして撮影した写真を転送できるというもの。家庭や仕事場などのWi-Fi環境にアクセスして写真をパソコンに転送したり、BDレコーダーやWebサービスにアップロードできる機種もある。

 今回はその中から、家庭内AVネットワーク規格「DLNA」に対応し、ワイヤレスでテレビ再生ができるソニーの「Cyber-shot DSC-HX30V」の使い勝手について紹介していこう。

ソニーが2012年3月に発売した光学20倍ズーム搭載コンパクトデジカメ「DSC-HX30V」
[画像のクリックで拡大表示]