皆さん、こんばんみ!
映画『宇宙兄弟』、見に行きましたか~。
あれをマンガで読んで、実写化しようなんて考えること自体が
ボクには理解できないです(笑)。
さてそんな川村元気さんに聞く映画プロデューサーのお仕事。
後半は、「仕事選びの極意」も語られます。
就職や転職を考えている人必読!
いやぁ、この連載、非常にタメになるなぁ…(自画自賛)。

川村元気
かわむら・げんき。1979年3月12日生まれ。神奈川県出身。東宝映画企画部に所属。代表作に『電車男』『デトロイト・メタル・シティ』『告白』『悪人』『モテキ』。5月5日は『宇宙兄弟』、7月21日公開の『おおかみこどもの雨と雪』にも参画中
[画像のクリックで拡大表示]
『モーニング』で連載、累計800万部超の小山宙哉の人気コミックを実写映画化。子どもの頃「宇宙飛行士になろう!」と約束した兄弟。弟・ヒビトが夢を叶えたとき、会社をクビになった兄・ムッタは…? 主演は小栗旬と岡田将生。監督は新鋭・森義隆。脚本は『デトロイト・メタル・シティ』『カイジ』などヒットメーカーの大森美香。5月5日より東宝系で公開。(C)2012「宇宙兄弟」製作委員会
[画像のクリックで拡大表示]