旧ユニクロ銀座店の跡にオープンした「ジーユー銀座店」
[画像のクリックで拡大表示]

 2012年3月30日、東京・銀座に低価格衣料店「g.u.(ジーユー)銀座店」がオープンした。旧ユニクロ銀座店の跡地に出店し、売り場面積は約450坪。ジーユーの旗艦店としては3店舗目で、都内最大規模を誇る。

 ユニクロを代表とするファーストリテイリンググループの低価格業態「ジーユー」は2006年10月、ダイエー南行徳店に1号店をオープン。量販店の衣料品売り場改革の切り札として誕生した。しかし、価格やデザインが中途半端で訴求力に弱く、スタート当初から苦戦を強いられた。そこで抜本的な改革を行い、新体制で打ち出したのが、低価格ジーンズの火付け役となった990円ジーンズだ。以降、衝撃的な価格の新商品を相次ぎ発表し、ジーユーの名前も知れ渡るようになった。

 旗艦店は2010年、ユニクロ心斎橋店の移転に伴い、後継店として約500坪の店舗をオープン。11年には、東京・池袋に都内初の旗艦店「池袋東口店」を出店し、ここ数年は郊外のロードサイド、ショッピングセンターだけでなく、都市部への出店を加速している(郊外激安衣料店の都心進出についてはこちらを参照)。

 銀座への出店について、ジーユーの柚木 治社長は「銀座はいまやあらゆる人が集まり、全国レベルで知名度を高めていける場。その最高の立地にジーユーの集大成となる店舗をオープンした。銀座で成功して必ず世界への挑戦権をつかみたい」と、意欲を語った。

 高品質、高機能のベーシックウエアを追求するユニクロに対して、ジーユーはトレンドファッションを“市場最低価格”で提供するのがウリ。商品開発から売り場づくり、店舗運営までユニクロとは異なる戦略を展開してきた。ここではその集大成となる銀座店でのさまざまな取り組みを見ていきたい。

ジーユーは「ファッションを、もっと自由に。」をコンセプトに、旬のファッションと驚きの低価格、安心の品質をモットーとする
[画像のクリックで拡大表示]