軽井沢千住博美術館。冬季の休館を終えて3月1日から再オープンしている。当初とは展示作品の一部を入れ替えて、福島県三春町の夜のおぼろ桜を描いた「夜桜満開」などの特別展示も実施中。カラーリーフガーデンの色づき情報などを含めて公式サイトの「新着情報」(http://www.kshm-event-shop.info/)をご参考に(写真:阿野太一)

記事へ戻る(ページを閉じる)

建築家・西沢立衛氏に対するインタビュー「有機的カーブが未来を映す ―西沢立衛氏が語る“次の建築(前編)”」では、2011年10月に開館した「軽井沢千住博美術館」の設計を振り返ってもらい、「自由なカーブを持つ建築」への思いを中心に紹介した。後編では、西沢氏のなかにある、人が建築やその場所を「使う」ということに対する思いの深さを探る。