盛る方法その1…柔らかいバストを「ハンモック」式に持ち上げる

 「LASEE」(ラゼ)ブランドでは、「胸もと年齢マイナス5歳をめざすブラ」シリーズを展開する。その1つが「スクエアアップ」というラインだ。

 大きな特徴は、「柔らかいバストをハンモックのようにふわっと持ち上げる」というリフティングシートを内蔵すること。

 「通常のブラは分厚いパッドがゴリっと入っていますが、40代女性の場合は、それだとバストにパワーが吸収されて盛り上がらない。パッドでムリに押し上げるのでなく、手のひらで持ち上げるように、広い面積のシートを使ってリフティングします」(萩原さん)

「LASEE」(ラゼ)ブランドで展開する「スクエアアップ」というラインの新作ブラ(2012年5月発売)。40代女性の少し柔らかい、下がってきたバストをきれいに持ち上げるブラジャーの例
[画像のクリックで拡大表示]
パッドは入らず、幅広のシートを内蔵する。広い面積で柔らかいバストをリフティングする
[画像のクリックで拡大表示]

 幅広のシートからひと続きになったストラップ。これで柔らかなバストを“ハンモックにのせたように”持ち上げるわけだ。

ストラップでハンモックのようにバストを持ち上げる内部設計。これが「胸もと年齢マイナス5歳」のヒミツ
[画像のクリックで拡大表示]

 そして皮下脂肪が増して“やわ肌”となる年代の女性にありがちな、ブラジャー着用による脇や背中へのくい込み(段差)を軽減する工夫も施されている。

ブラのくい込みで生じる“段差”を軽減するため、サイドベルトの上辺は、布の折り返しで始末している
[画像のクリックで拡大表示]
通常、サイドベルトのヘリの始末はこのようなテープが多く、肌にくい込みやすい
[画像のクリックで拡大表示]
商品特徴(資料提供:ワコール)
[画像のクリックで拡大表示]