小走りするときの“揺れ”も、バストの下垂に影響する!?

 上胸(うわむね)がさみしくなる……。ちなみに女性の「そげて垂れて左右に流れる」バストの変化は、加齢だけが原因ではない。「授乳が終わったママの離れ胸を包むブラ」の取材でも、体験者から同様の話を聞いた

 加齢によるバストの変化は、どの女性も「変化の順番」は同じ。しかし進行する速度には個人差がある。

 ワコール広報担当の萩原みゆきさんによると、30年間にわたり人体計測を続けた100人のうち25人は、20代に近い体型を比較的キープしていたそうだ。その生活習慣に共通するのは、「規則正しい食事と日常的な運動、そして体に合った下着を着けていたこと」という。「体に合わないブラを着けていると、日常生活で小走りしても揺れる。この揺れがエイジングに少し影響することも考えられる」というのだ。乳腺組織を支える「クーパーじん帯」(下図参照)にストレスがかかり、伸縮力を失うためらしい。

バストの重さや揺れにより、「クーパーじん帯」が伸縮力を失う。バストの揺れは日常生活でも起こっている(資料提供:ワコール)
[画像のクリックで拡大表示]
ワコール 総合企画室 広報・宣伝部 広告・PR課 萩原みゆきさん
[画像のクリックで拡大表示]