TwitterやFacebookの躍進に刺激を受け、2011年は国内でもネットベンチャーの動きが急速に活発化した。彼らに投資するベンチャーキャピタルも増え、この勢いは2012年も持続しそうだ。

 一方で懸念材料もある。ネットベンチャーがバブル的な活況を呈している米国・西海岸では、単なるウェブアプリケーションやソーシャルツールというだけでは、もはや注目を集めるのが難しくなっている。新規に投資の決まる案件の多くは、B2Bのマーケティングツールであったり、アプリ開発のためのプラットフォームであったりと、コンシューマー向けの簡易なサービスとは一線を画したものが増えている。単に「ソーシャル」「クラウド」と名乗るだけでは足りず、明確な差別化要素を備え、成長プランのはっきり見えるサービスでなければ大成功するのは難しくなっている。

Synclogue(シンクローグ)の公式サイト
[画像のクリックで拡大表示]

 こうした流れを1年前に読み切り、満を持してシリコンバレーに殴り込みをかける若者がいる。日本発の新進気鋭のベンチャーを取材するこの連載、今回は学生ベンチャー・情報プラネットの「Synclogue」(シンクローグ)を取り上げる。