記事へ戻る(ページを閉じる)

今振り返れば「銀塩フィルムのカメラがなくなるのは当たり前」ということになるが、1995年頃の視点で眺めると「デジカメに銀塩カメラが置き換わるわけがない」という空気が業界では主流だった。カーナビ業界で今、1995年頃のカメラ業界と似た状況が起こっている。