スマートフォンの人気と共に、大きな注目を集めるようになった“アプリ”。その人気が盛り上がる一方で、いくつかの問題も見られるようになった。AppStoreやAndroidマーケットに代表される、アプリを配信するアプリマーケットの環境改善は進んでいるのだろうか。

アプリマーケットのダウンロード数は100億を超える

 スマートフォンの広まりで、近年注目を集めるようになった要素の1つに“アプリ”がある。

 従来の携帯電話では、セキュリティの関係上、アプリを開発したり、配信したりする上で、さまざまな制約が課せられており、自由にアプリケーションを提供することは困難であった。だがスマートフォンの場合、そうした制約が少なく、より自由に開発や配信が可能であることから、技術者が非常に高い関心を寄せるようになり、多くのアプリが提供されるようになっている。

 さらにスマートフォン自体の市場が広がり、多くのユーザーが手にするようになったことで、アプリに対する関心は日に日に高まっている。現在、テレビ番組や一般の雑誌などでスマートフォンのアプリが取り上げられる機会が増えているが、このような事象も、スマートフォンがガジェット好きのアイテムであった時代には考えられなかったことだ。

 アプリの活況ぶりは、それを配信する専用のマーケットの数字から見て取ることができる。現在、iPhoneなどiOS向けのアプリケーションマーケット「AppStore」で配信されているアプリが50万以上、Android向けの「Androidマーケット」で配信されているアプリは25万以上といわれている。

 ダウンロードされているアプリの数も、かなりのレベルに達している。AppStoreは今年1月17日、全世界で100億ダウンロードを達成したほか、Androidマーケットも12月6日に100億ダウンロードを達成。非常に活況を呈していることが理解できるだろう。

AppStoreに続き、Androidマーケットも100億ダウンロードを達成。これを記念して、人気アプリが90%オフになるセールが実施された
[画像のクリックで拡大表示]