2011年11月23日、横浜・港北エリアに新たな商業施設「Yotsubako(ヨツバコ)」がオープン。

 横浜市営地下鉄・センター北駅からすぐの場所に立地。目と鼻の先に「モザイクモール港北」「ノースポート・モール」といった大型商業施設が並ぶなど、商業施設激戦区といえるエリアだ。あえてそこに飛び込み、その環境を逆手にとった戦略をとる。

「ヨツバコを挟み込むように位置する2つの大型商業施設を『核テナント』に見立て、専門性の高いテナントを集積することで回遊性を高める」(施設を運営するI'm.p)。

 つまり、周辺エリアを1つの施設と考え、施設の両端に核テナントを配置して施設全体の回遊性を高める「2核1モール」の手法を応用しようというわけだ。さらに2つの大型施設を結ぶ位置にあり、月間45万~60万人の通行量があるデッキを内部に取り込んでいるのもポイントとなる。

「Yotsubako(ヨツバコ)」は地下1階~地上8階で、営業面積は約4000平米。営業時間は物販・サービスエリアが10時~21時、飲食エリアが11時~23時。施設の名称は建物が大きな箱を4つ積み上げたような形になっていることに由来する
[画像のクリックで拡大表示]
すぐ近くに大観覧車のあるショッピングモール「モザイクモール港北」や「ノースポート・モール」といった大型商業施設が並ぶ
[画像のクリックで拡大表示]