Wi\-Fiロゴの例。このロゴの場合、IEEE 802\.11b/g/a/nに機器が対応することを示している(画像クリックで拡大)

 「Wi-Fi」とは、無線でデータの送受信を行うLAN(ローカルエリアネットワーク)システムである無線LANのブランド名。スマートフォンのほとんどすべてが無線LANを搭載しており、タブレット機器やノートパソコンにも一般的に搭載されている。

 無線LANを使うと、無線LANアクセスポイントと呼ばれる機器(親機ともいう)と、無線LANを搭載したスマートフォンやパソコンなど(子機という)の間を無線通信で接続してデータのやりとりができる。親機がインターネットに接続されていれば、子機から親機を経由してインターネットに接続できる。無線LANの親機には、家庭や職場に設置する無線LANルーターや、持ち歩いて使うモバイルルーターなどがある。

 スマートフォンは携帯電話回線(3G、LTE)を使ってインターネットに接続できるが、無線LANを使って接続したときは携帯電話回線を使わない。親機につないでいる通信回線にもよるが、一般的には3Gの携帯電話回線より高速に通信できる。携帯電話回線のつながりにくい屋内でも無線LANによる接続が利用されている。

 無線LANは「IEEE 802.11」という名の付く標準規格で仕様が定められている。規格の中でも広く普及しているのはIEEE 802.11b、同g、同a、同nの4つだ。ただしスマートフォンではIEEE 802.11b/g/nには対応していてもIEEE 802.11aには対応していない製品が多い。

 通信するには親機と子機が同じ規格に準拠していないといけないが、親機・子機ともに複数の規格に準拠していることが一般的なので、実際には規格の違いを意識する必要はあまりない。

 IEEE 802.11bは古い規格で、理論上の通信速度は11Mbpsと遅い。IEEE 802.11gはその上位互換規格で理論上の通信速度は54Mbpsと速くなっている。IEEE 802.11aも通信速度は54Mbpsだが、IEEE 802.11gとは使用する周波数帯が異なる。IEEE 802.11nは最新の規格で、現在製品化されている機器での理論上の通信速度は150~450Mbpsとなる。

 無線LANは比較的近距離を接続して使うためのもので、自宅内、会社内、あるいは駅や店舗内といった場所で使われている。このうち、駅や店舗などで提供されていて誰でも利用できる無線LAN接続サービスを公衆無線LANサービスと呼ぶ。携帯電話キャリア各社もスマートフォン向けに公衆無線LANサービスを提供している。

 例えばNTTドコモは「ドコモ公衆無線LANサービス」を提供しているが、スマートフォン向け接続サービス「spモード」のオプションとして「spモード『公衆無線LANサービス』」が月額315円で利用できる(2013年3月末まで無料で利用できるキャンペーンを実施している)。

(文/湯浅英夫)